「+ID」(プラスID)

+ID 利用規約

第1章 総則

第1条(本規約)

  1. 「+ID利用規約」(以下「本規約」といいます)は、エイベックス・エンタテインメント株式会社(以下「AEI」といいます)が発行する「+ID」の取扱いについて、AEIに+IDの発行の申し込みをした方、及びAEIから+IDの発行を受けた方(以下「ID保有者」といいます)に適用される事項を定めるものです。
  2. 本規約に同意いただけない場合、+IDをご利用いただくことはできません。

第2条(規約の変更)

  1. AEIは、本規約を利用者の一般の利益に適合する場合又は本規約の目的に反しない場合に変更することがあります。この場合、利用者は、変更後の利用規約の適用を受けます。変更例は以下のとおりですが、これらに限られるものではありません。
    1. 新サービスの追加
  2. AEIが前項の変更をするときは、AEIは、変更の効力発生時期を定め、かつ、利用者に対して、本利用規約を変更する旨及び変更後の利用規約の内容並びにその効力発生時期を、第4条(通知)に定める方法により周知します。

第3条(用語の定義)

  1. 本規約で使用する用語の定義は以下の通りとします。
    1. 「+ID」とは、対象サービスを利用するための識別コードであって、+ID発行の申し込みをする個人(以下「ID申込者」といいます)がAEI所定の手続きをすることにより付与されるユーザーIDであり、ID保有者は、+IDを利用して対象サービスの提供を受けることができます。
    2. 「+ID等」とは、+ID、+IDに関連するパスワード並びに各種認証コードをいいます。
    3. 「対象サービス」とは、AEI、エイベックス・グループ各社又はAEIが提携する第三者が提供するサービスで、その利用に係る認証手段として+IDを用いることができるサービスをいいます。
    4. 「登録情報」とは、+IDを利用するために、ID申込者がAEIに登録する利用者の情報をいいます。
    5. 「個人情報」とは、登録情報、又は対象サービスの提供に関連してAEIが知り得たID申込者並びにID保有者の情報であって、この情報に含まれる氏名、生年月日その他の記述等により特定の個人を識別することができるもの(他の情報と容易に照合することで、特定の個人を識別することができるものを含みます)をいいます。

第4条(通知)

  1. AEIは、ID保有者に対し、対象サービスに関連するウェブサイト(以下「本ウェブサイト」といいます)上への表示その他AEIが適当と判断する方法により、必要な情報を通知します。
  2. 前項の通知が電子メール又はSMSによって行われる場合、AEIが、ID保有者が登録情報としてAEIに提供したメールアドレス又はSMS電話番号宛にメッセージを送信した時点で、当該通知がなされたものとみなします。
  3. 本条第1項の通知が本ウェブサイトへの掲載により行われる場合、当該通知を本ウェブサイトに掲示した時点で、当該通知がなされたものとみなします。

第2章 +ID

第5条(対象サービス)

  1. 対象サービスはAEIが別途定めるサービスで構成され、その種類、内容、利用条件、等は、各サービスの提供者が定める提供方針及び利用規約によって異なります。各サービスのご利用(対象サービスにおける各種お申込みを含みます)は、ID保有者自身の責任により行うものとします。
  2. 対象サービスの利用規約等において、+IDに関し本規約と矛盾する規定がある場合、当該規定についてAEIはいかなる責任も負わないものとします。但し、当該対象サービスをAEIが提供している場合はこの限りではありません。
  3. AEIは対象サービスを適宜追加し、変更し、又は廃止することができるものとします。

第6条(+ID発行の申込み)

  1. ID申込者は、本規約に同意の上、AEI所定の方法により+ID発行の申込みを行うものとします。

第7条(+ID発行の承諾)

  1. 次の各号のいずれかに該当し、又は該当するおそれがあるとAEIが判断する場合、発行の申込みを承諾しないことができるものとします。
    1. 申込みに係る電話番号に対し既に+IDが発行されている場合
    2. ID申込者が実在しない場合
    3. ID申込者が過去に+ID発行の申し込みが不承諾となっている場合
    4. 申込内容に虚偽、不正、不備があった場合
    5. ID申込者に連絡がとれない場合
    6. 過去に本規約に定める禁止事項を行ったことがある場合
    7. その他+IDを発行することが不適当であるとAEIが判断した場合

第8条(登録情報の変更)

  1. ID保有者は、登録情報に変更があった場合、AEI所定の方法により、すみやかに変更の届け出を行わなければなりません。尚、変更後の登録情報が前条第1項各号に該当する場合、AEIは当該届け出を受理せず、又は当該ID保有者の+IDを削除することができるものとします。

第9条(ID保有者による+IDの削除)

  1. ID保有者が、自らの+IDの削除を希望する場合、AEI所定の方法によりAEIに届け出るものとし、AEIでの処理終了後に、+IDの削除が完了するものとします。尚、この場合対象サービスのうち+IDの保有がサービス提供の条件となっているものについては引き続きの利用ができなくなる場合があります。
  2. 前項に基づき+IDを削除した場合であっても、原則として対象サービスの退会・解約は行われません。別途、対象サービスにおける退会・解約手続きが必要です。尚、対象サービスによっては、+IDを削除したことにより退会・解約手続きが行えなくなる場合があります。+IDを削除する前に必ず対象サービスの退会・解約の手続きを行って下さい。
  3. 本条に基づき+IDの削除が完了した時点で本契約は解除されるものとします。

第10条(+IDの認証状態の保持)

  1. 対象サービスの一部では、+IDを利用してログインいただくことにより、+IDの認証状態を保持し、その認証状態が有効である間、再認証することなく当該対象サービスをご利用いただくことができます。尚、認証状態の保持期間は対象サイトによって異なります。
  2. 前項の認証状態は、ブラウザの設定からcookieを削除することにより、未認証状態に戻すことができます。

第11条(AEIによる+IDの削除)

  1. ID保有者が次の各号のいずれかに該当する場合、AEIは当該ID保有者の+IDを、事前に通知することなく、削除することができるものとします。尚、この場合、対象サービスのうち、+IDの保有がサービス提供の条件となっているものについて、利用できなくなる場合があります。
    1. ID保有者が本規約に定める禁止行為を行った場合
    2. 2年以上対象サービスの利用がない場合
    3. ID保有者が登録情報の変更の届け出を行わなかった等の理由により、AEIがID保有者に連絡できない場合
    4. +ID発行後に、ID保有者に第7条に定める申し込みの不承認事由があることが明らかになった場合
    5. その他、本規約に違反した場合
    6. 前各号の他、AEIが+IDを削除することが適当であると判断する場合
  2. 前項に基づき+IDが削除された場合であっても、原則として対象サービスの退会・解約は行われません。別途、対象サービスにおける退会・解約手続きが必要です。尚、対象サービスによっては、+IDが削除されたことにより退会・解約手続きが行えなくなる場合があります。
  3. 本条に基づき+IDの削除がなされた時点で本契約は解除されるものとします。

第12条(対象サービスとの情報連携)

  1. AEI以外の事業者が提供する対象サービスにおいて+IDが利用される場合、当該利用に係るID保有者及び+IDを特定し、又は当該ID保有者の属性等の情報に応じたサービスを提供するために、AEIは当該対象サービスの提供者に対し、あらかじめID保有者の同意を得た上で、以下の情報を、インターネットを経由して通知する場合があります。
    1. +IDを構成するOpenID及びユーザID
    2. 登録情報
    3. その他の対象サービスの利用情報
    4. その他対象サービス毎にAEIが指定する情報

第13条(対象サービスの利用停止)

  1. ID保有者が次の各号のいずれかに該当する場合、AEI又は対象サービスの提供者は、当該ID保有者による対象サービスの利用の全部又は一部を停止することができるものとします。
    1. ID保有者が本規約に定める禁止行為を行った場合
    2. ID保有者が登録情報の変更の届け出を行わなかった等の理由により、AEIがID保有者に連絡できない場合
    3. その他、本規約に違反した場合
    4. 前各号の他、AEI又は対象サービスの提供者が、利用停止措置が適当であると判断する場合

第14条(+ID等の管理)

  1. ID保有者は、+ID等を、ID保有者の責任により管理・使用するものとします。
  2. ID保有者の+ID等により対象サービスが利用された場合、当該ID保有者自身による利用とみなすものとします。
  3. ID保有者は、+IDを利用したことのある端末を紛失、盗難等があり、またそのおそれのある場合、AEIが別途指定する方法にて、当該端末における+IDの機能の一部又は全部を無効化する手続きをとるものとします。
  4. +ID等が、ID保有者本人以外の第三者によって使用されたことによってID保有者に生じた不利益や損害について、AEIは、AEIの責に帰すべき事由がある場合を除き、責任を負いません。

第15条(システムの停止)

  1. AEI及び対象サービスの提供者はシステムの保守点検、又は本サービスの運営状況その他の予期できない事情により、ID保有者に対し事前に何ら通知を行うことなく、+ID及び対象サービスの提供を停止又は中止することができるものとします。
  2. AEIは、誤ったパスワードが一定回数以上入力された場合、当該+IDの利用を一時的に停止する等の措置を講じる場合があります。この場合、+IDのご利用を再開されるには、AEIが別途定める手続きに従い、利用再開の申込みを行う必要があります。

第3章 雑則

第16条(禁止行為)

  1. ID保有者は、+IDの利用に際し、次の各号の行為を行ってはならないものとします。
    1. 対象サービスにおける利用者認証その他+ID本来の利用目的以外の目的で+IDを利用すること。
    2. 対象サービスを通じて提供される全データ、情報、文章、音、映像、イラスト、アプリ等(以下、併せて「データ等」といいます)について、著作権法で認められた私的利用の範囲を超えて、複製、頒布、譲渡、貸与、公衆送信、又はリバースエンジニアリング等すること。
    3. 第三者の財産(商標権、意匠権等の知的財産権を含みます)、プライバシーもしくは肖像権を侵害すること、又はそのおそれのある行為をすること。
    4. 第三者を誹謗中傷し、その名誉又は信用を毀損すること、又はそのおそれを生じさせること。
    5. ID保有者の地位及びID保有者としての資格に基づき有する権利を、インターネットオークション等により第三者に転売する等、第三者に対し譲渡、貸与、名義変更すること、又は質権の設定その他の担保に供すること。
    6. +ID又は対象サービスを利用して自己又は第三者の営利を目的とした活動、およびその準備を目的とした活動(以下「営業活動」といいます)を行うこと。
    7. +ID又は対象サービスを利用して選挙の事前運動、選挙運動又はこれらに類似する行為および公職選挙法に抵触する行為をすること。
    8. +ID又は対象サービスを利用して宗教の宣伝を含む宗教的行為、および宗教団体の設立・活動、宗教団体への加入等宗教上の結社に関する行為をすること。
    9. 携帯端末に標準的に搭載されている、ユーザー権限や特定アプリケーションの利用可否等を制限するための機能を解除又は無効化すること。
    10. 他人の情報を利用して本サービスに入会すること、その他なりすまし行為をすること。
    11. +ID等を第三者に開示、貸与、譲渡、売買、質入等し、又は利用させること。
    12. AEIの設備に無権限でアクセスし、又は過度な負担を与えること。
    13. 上記各号の他、法令又は公序良俗に違反する行為もしくは対象サービスの運営を妨害する行為を行うこと。

第17条(個人情報の取り扱い)

  1. +IDの利用に関連してAEIに提供された、ID申込者又はID保有者の個人情報は、「エイベックス・グループ個人情報保護方針」に従い、以下の利用目的の達成に必要な範囲で、AEI及びエイベックス・グループ各社が共同で取り扱うものとします。
    1. +IDの発行のため
    2. 対象サービス提供のため
    3. ID保有者のログインの状況や対象サービスの利用状況を把握するため
    4. 対象サービスの改善や新サービス開発に役立てるため
    5. 本サービス内容を個々の利用者に合わせてカスタマイズするため
    6. その他本サービスの提供に関する利用のため
    7. 前各号のほか「エイベックス・グループ個人情報保護方針」に記載された利用目的のため

第18条(権利帰属)

  1. 対象サービスを通じて提供される全てのデータ、文章、音楽、音声、映像、写真、イラスト、情報、専用アプリ等に関する、著作権、商標権、肖像権を含む一切の権利は、AEI又は当該権利を有する第三者に帰属します。

第19条 (免責)

  1. AEIは、対象サービスに関してID申込者又はID保有者が被った損害について、AEIの責めに帰すべき事由がある場合を除き損害賠償責任を一切負いません。ただし、AEIの責めに帰すべき事由がありAEIが損害賠償責任を負う場合であっても、AEIに故意又は重大な過失がある場合を除き、AEIの損害賠償責任は、1万円を限度とします。

第20条 (損害賠償)

  1. ID保有者は、対象サービスの利用に関し、自己の責めに帰すべき事由により、AEI、エイベックス・グループ各社、AEIの提携先、又はその他の第三者に対して損害を与えた場合、これを賠償する責任を負うものとします。

第21条(準拠法・裁判管轄)

  1. 本規約の適用及び解釈は、日本法に準拠するものとします。
  2. ID申込者又はID保有者はAEIとの間で又は本規約について訴訟の必要が生じた場合、東京地方裁判所、又は東京簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とすることに合意するものとします。

2019年3月18日 制定

2019年10月1日 改定